薬と健康の情報をお届けする「くすりを調べる配置薬辞典」は、配置薬のチトセ薬品がお届けします。

くすりを調べる配置薬辞典

置き薬とあなたを結ぶ健康情報誌「くすりばこ」は、 からだと暮らしを考える記事が盛りだくさんの、楽しい情報誌です。
健康雑誌「くすりばこ」をご希望の方は、チトセ薬品の配置員、又は営業所に連絡下さい。
電話:024-546-9231 福島営業所
    0248-72-9898 県南営業所

くすりばこバックナンバーへ>>

くすりばこ vol.2 2010 春号

くすりばこ2号表紙

特集:実は眼の疲れ 脳からのシグナル!?

■食生活でも脳ストレス解消
   頭と眼の疲れに効く簡単レシピ

■体温は健康のバロメーター
  大人も子どもも“低体温”が急増!

■山梨県甲斐地方
   信玄が築いた甲斐の郷

表紙は、山梨県甲州市
砥草庵・茶屋山荘 平山初子さん

単なる眼の疲れじつは脳からのシグナル!?
脳の一部が進化して眼に
ものを見ているのは、眼ではなくて脳の仕事でした

眼の疲れの多くは、ケーブルにある視神経の疲れによって引き起こされるもの。
白内障など、レンズに問題があればよけいに神経に負担がかかるほか、睡眠不足や過労で脳の活動が低下している場合にも、神経への負担が増大し、眼の疲れがひどくなります。

大人も子どもも低体温が急増!
あなたの平熱は何度?

低体温は万病のもと!!
風邪などの感染症にかかりやすくなるほか、アレルギーを誘発したり、風邪などの感染症にかかりやすくなるほか、基礎代謝が落ちるため太りやすくなったり、ほっておくとさまざまな病気を引き起こす可能性があるのです。

最近は、運動量の減少や冷暖房による体温調節機能の低下から、男性や子どもにも低体温が急増しています。運動不足や不規則な生活、過度のストレスや暴飲暴食など、心当たりのある方は要チェック。
生活習慣を見直すことで、万病のもとである低体温をはねのけましょう!

36度以下は危険信号!低体温のさまざまな症状

健康雑誌「くすりばこ」をご希望の方は、チトセ薬品の配置員、又は営業所に連絡下さい。
電話:024-546-9231(福島営業所)  0248-72-9898(県南営業所)