薬と健康の情報をお届けする「くすりを調べる配置薬辞典」は、配置薬のチトセ薬品がお届けします。

くすりを調べる配置薬辞典
配置薬を知ろう!業界ニュース 2007年11月号
作文を通じて「家族の健康や人の痛みの分かる」教育を。社団法人福島県医薬品配置協会主催・福島県中学校「家族の健康」作文コンクール2007年度入選者発表

第14回福島県中学生「家族の健康」作文コンクール授賞式の表彰写真社団法人「福島県医薬品配置協会」主催の、第十四回福島県中学生「家族の健康」作文コンクール入選者が決まり、厚生労働大臣賞に二本松市立二本松第三中学校3年「佐藤有理沙」さんの「病気の家族と暮らす中で」が輝きました。

表彰式は10月25日(木) 郡山市熱海「ユラックス熱海」大会議室で午後1時より開催されました。

審査は、平成19年10月5日(金)午後1時30分〜4時、福島市杉妻町3-45「杉妻会館」すずらんの間で行われました。
まず初めに、田中敏男福島県医薬品配置協会長が、本審査に臨席くださいました審査委員に感謝とお礼と、作文コンクールに当たり関係各団体、協賛頂いた各種団体の方方に深く感謝し、「本会も14回を迎え感激に思います」との挨拶を行いました。

続いて本審査会委員の紹介に移り、

審査委員長 大竹 明 福島県中学校長会長
審査委員  上木義博 厚生労働省医政局経済課医薬品産業情報調査室企画情報課係長
〃   寺島祐司 福島県保健福祉部健康衛生領域薬務グループ主任薬剤技師
   大崎広一 福島県教育庁健康教育グループ参事福島県中学校教育研究会長
   尾形徳之 福島民報社事業局出版部長
〃   斉藤敏男 福島民友新聞社事業局事業部長
〃   田中敏男 社団法人福島県医薬品配置協会長

を紹介し、 佐久間喜重作文コンクール実行委員長の経過報告、審査概要説明の後、下記の入賞者を選出しました。

審査の様子
受賞者の皆さん
■厚生労働大臣賞 二本松市立二本松第三中学校
3年
佐藤 有理沙さん
「病気の家族と暮らす中で」
■福島県知事賞 郡山市立郡山第五中学校
1年
田村 健人さん
「病気の家族とくらす中で」
■福島県教育委員会教育長賞 福島市立岳陽中学校
3年
板橋 果穂さん
「家族の笑顔と健康を守るために」
■福島民報社賞 郡山市立郡山第五中学校
1年
村越 宇樹さん
「父のボール」
■福島民友新聞社賞 いわき市立小川中学校
2年
作田 大地さん
「健康でいられること」
■福島テレビ賞 福島市立福島第一中学校
1年
丹治 美咲さん
「病気の祖母と暮らす中で」
■福島中央テレビ賞 郡山市立郡山第一中学校
3年
煖エ 茉美さん
「健康の大切さ」
■福島放送賞 福島市立立子山中学校
1年
須田 諄さん
「病気に負けない気力」
■テレビユー福島賞 郡山市立郡山第四中学校
1年
遠藤 普子さん
「笑顔のおじいちゃんは私の宝物」
■NHK福島放送局賞 福島市立信陵中学校
2年
大槻 奈菜さん
「バランスの取れた食事と適度な運動」
■ラジオ福島賞 白河市立白河中央中学校
3年
小笠原 侑子さん
「溜め込まないで」
■薬日新聞社賞 二本松市立小浜中学校
3年
佐久間 陽日さん
「生活する中で」
■家庭薬新聞社賞 いわき市立内郷第一中学校
3年
志賀 麻美さん
「健康は食事から」
■薬慈新報社賞 郡山市立郡山第二中学校
1年
渡邉 南美さん
「三百円がもたらす身体への害」
■生活文化ニュース社賞 いわき市立平第二中学校
3年
一條 恵美さん
「母と暮らして」
■(社)福島県医薬品配置協会長賞 福島市立立子山中学校
3年
二宮 亜紀さん
「「健康」であることが幸せ」
■学校賞 白河市立東中学校
■学校賞 伊達市立伊達中学校

 

業界ニュース バックナンバーはこちら>>